202

昨日は“正義”といえばこのキャラの…

by
カリブ・カイ
カリブ・カイ
クシーちゃん!!
でトレーニングモードに臨みました!

いつの時代からか、クシーちゃんの最強ウェポンパックと名高い狙撃型「センチネル」を使いこなしてみたいと思っていたのです。

僕がトレーニングモードをする時は、自チームは自分一人・敵はCPU4人の個人トレーニングのミッションを選択するのですが、手違いで対戦トレーニングを選んでしまい…棒立ちの敵1体に攻撃を仕掛けず、フリーカメラ移動で接近→スタイル切り換えからの照準合わせ。という一連の動作の反復をしてみました!
このパックの主軸は、サイドスタイルに任意起爆型グレネードであると、お歴のエキスパートさん達は挙げているので、とりあえず倣ってサイドスタイルへの組み換えなど。
銃口を画面外に向けたガンデバイスを、サイドの金具に軽くくっ付けながらハの字に持って、必要な時に画面に銃口を上げつつ、くるっと巻くように金具を完全にくっ付ける“半組み”と呼ばれるらしい動作とってサイドスタイルで照準合わせをする訳ですが…

窮屈な体勢だからか、敵の頭上への進路を目指すフリーカメラの向きの調整がピタリと決められるかはマチマチ。

でも、お陰で軌道が不安定な事で実戦で敵に的を絞らせない効果もあるかもしれないので、当面はこれで良しとします♪

しばらくして、タンデムでも同じような事を。
…まあ、なんとか出来ます。
実戦では、タンデムは少し遠めの敵の着地が見えた時に2発フルヒット出来るように温存するのが良いのかな…と、思ってみたり。

あと
「この最終奥義、それは…
私自身がターレットになる事だ。」
みたいな感じなので、たまになら使ってみたいなー、と思ったり!?

残り時間が制限時間に近付き、少し射撃も行ってみるか…という事で、インパクトガン→ロングバレルビームライフルのお手玉を試みようとして…

……恐ろしくインパクトガンの照準合わせに手間取ります。
………そして、1発・2発外してみたり。

なんとか当たった1発から、タンデムスタイルに切り換えようとするものの、ダブルをしっかりエイミングしようとしていたところからのスタイル切り換えは、半組みからより難しく、吹き飛んだ敵が地面に2回くらいバウンドして、とうに無敵時間になった頃にようやく特大ビーム弾が放たれ…さらにこの弾も、敵が無敵時間であるかどうか関係ないくらい明後日な方向に…!!

つまり…ドジっ子は正義という事なのです!!!
更新日時:2019/05/20 20:16
(作成日時:2019/05/20 20:12)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア