261

昨日の日曜日は…!

by
カリブ・カイ
カリブ・カイ
先日が誕生日だったしづねさんで出撃したのです♪ …そうすると、 ブロンズの僕がプラチナ・ダイヤ・ストラトスの方々とマッチングしたりしたのです!! 軽装突撃型「アサシン」を選択した1試合目は、僕+CPU3人のチーム対プラチナのインファイイターの方+CPU3人のチームでの対戦。 とにかく、ワイヤーガンのターゲットラインがオレンジ色にならない距離を維持して、シャボンランチャーがギリギリ当たる距離で下がりながら撃つ…というような流れを展望して試合開始を迎えましたが… …真っ先に、一番警戒していたワイヤーガンにあっさり引き寄せられ格闘攻撃を受けてしまいます。 さて、起き上がると…フリーカメラモードにしてインファイターの方に背を向けて戦線離脱。 昔、司さんで別のインファイターの方と戦った時は、とても振りきれず逃げども逃げどもワイヤーガンを背後から受けて、格闘攻撃の永久ループ地獄を味わうような事もありましたが、高機動力のしづねさんだったからか、65%くらいは白ターゲットラインに変わるくらいの距離まで下がり一息つける感じでした♪ そして、ワイヤー→格闘のプレッシャーが弱いこの距離からはシャボンランチャー。 …を撃ってみるとアドバンスシールドで防がれがちでした。 じわじわとステージ端に追い込まれる切迫感もありつつ、お味方のCPUがダウンをとってくれた瞬間に反撃に転じる事に。 最近、着手し出した、ダウン中の敵の頭上まで高度をとり、攻撃を仕掛けるというパターンで討って出ます。 この距離では、あの武器が使えます! そう…ロングバレルショットガンが。 僕は、アサシンソードの扱いが苦手なのです。 アドバンスシールドに切れ目を見切ってワントリガーで仕留める感覚は、間違う事なくアサシンっぽさがあります…。 そして、ワイヤー→格闘とロングバレルショットガンでワンダウンとってはワンダウンとられるシーソーゲームが続き…、えーーっと。…僕の方が当然先に2落ち目まで喫しまして、とても勝利を掴む事が出来ない形勢だったのです。 僕のリザルト評価もE。 2・3試合目はお味方にも、敵チームにもつわものさん揃いで、緊張しました。 ウェポンパック選択は、竜胆型「エクスプローダー」。 マップの隅々まで眼を光らせ、敵の甘い着地にロケットランチャー。接近されても最高レベルのマシンピストル・ハンドグレネードがあり迎撃だけでなく、自ら討って出るのも視野に入る近距離戦性能がある、メイドさんらしい気配り・お料理・おもてなしが詰まった、言わばユニフォームのようなこのウェポンパックを使うと、いつも通り全力で努める!という気持ちに立ち返れて、緊張が和らぐのです(そんな事はありません)! 2試合目は、領域支配型「ジェノサイダー」の方がエリアシールドを出したら、シールド破壊力が高かった記憶のあるマシンピストルを撃ちこんだりしながら、おもむろに垂直ジャンプで視野を広くとりながらロケットランチャーのチャンスを窺い、3試合目は梅田ステージの高台から弾のある限りはひたすらロケットランチャーで路上に狙いを合わせ…、最後は、他のお味方さんが消耗してきた中、自分だけ体力が余っている気がしたので、おもむろに混戦地帯に飛び込みダブル武装で討って出たところラスキルなってしまったり…いつも通り、持てる全力を駆使できて、個人的に晴々した清々しい敗北です!! …チームの皆様、僕の動きに至らぬ動きがありましたら、大変申し訳ありません。 竜胆エクスプローダーは…3連ハープーンガンがあるのにあまり活用できなかった(2試合目は存在を忘れていた)のが反省点です。 お味方さんが不得手とする敵を遠くに飛ばしたり、梅田ステージでは中央のビルをメインに位置取りましたが、そこから浮かんだ空中足場と、そこを伝って広場の柱の上まで位置を流動的に変えれば、ロケットランチャー1本で戦うよりは、手間ち時間なく単純に射撃武器として使い戦況に介入出来る時間が増えそうなので、これからも欠かさず修練を積んで、次にお歴の皆さんと戦場を共にする時は、3試合連続リザルト評価Eを返上して、成長した所をお見せできると良いです!
更新日時:2019/02/11 22:06
(作成日時:2019/02/11 22:06)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア