276

九美で2年。ダイヤC3に着地した九美使いの雑記。

by
瑠娜
瑠娜
九美で2年。ダイヤC3に着地した九美使いの雑記。


どうも。瑠娜(るな)です。YouTubeで「九美と供に往く戦場目録」「瑠娜九美MAD」「Index Record」等々のタイトルで動画上げてるしがない九美使いです。
今回下限キャラもダイヤ入りしてしまい、ゲームが終わるんだか終わらないんだか、いまいちはっきりとしない現状ではありますが、ここまで来たという節目として、どうでもいいような独り事を書いていきます。
あまり長々と書いてもグダグダになるだけなので3つのWPについて書こうと思います。
悪魔で私の体感・思うところでありますので、「ふーん」程度にお読みください。



標準型「キュアー」コスト1600 使用回数:1337回 使用率23.95%

初見は今のに反射盾がなくてダブルが両方ビマシピの頃。サイドのビットのサブにビーマシなんてあったかどうか覚えてないんですけど。それからサイドが何故かロンレジ(と自分が勝手に読んでるだけです。ロングレンジマシンガン)に遠距離キュアーでよくね…?と思って…気づいたら今の武装になっていました。アプデで覚えてる流れはこんな感じ。
サブビーマシに何度も助けられました(レザブレとかタイトロープとかとか)

開幕3弾ひとりひとりに回復入れて敵後衛にビットが刺さるぐらいまで足並み気にしつつ前に出ます。盾はあってもけして22キュアのように硬くはないので(コネクターよりは硬いけど)出過ぎは禁物。前衛の背中をびったりくっついて行くのが私の理想です。毎回できてるとはいい難いですが…(((

なるべく全体が平等になるように。敵方が2枚よくて3枚落ちるまでコストを誤魔化すように回復入れつつビット飛ばしてチクチクしたりサブのビーマシ擦ったり。コストや落ち時をいかに誤魔化すか、自分側のコストをいかに取られないようにするかってスタンスで回復入れてます。まぁ、都合よく毎回できる腕はないので、悪魔でもひとつの理想。コスト減ってもどこかで帳尻合わせしてみせる!って感じでいってきまーす(リスタ)



標準型「アシスター」コスト1700 使用回数:1441回 使用率25.81%

初見からずっと今まで武装は変わってない。唯一開幕ジャンアシ巻くことが可能になったのとウォルシの展開とリロが下げられたという。
前に出るって発想がないときはひたすら相手キャラの止まる瞬間をブリフの時点でよく整理していました。デストロイヤーならイラプション。タイラントならバインド。ロングレンジマシンガン(以下ロンレジ)のカメラは壊れやすいので、狙い時を定め試合中は探しながらやってた(のかなぁ…←覚えてない)

ゼロ距離ぶっぱとか、カメラ壊してでもヒットさせたりとか、盾持ち相手に上格闘→N格闘入れたり、スキーマーに殴り込みかけたり、兄貴と一緒に敵陣にカチコミに行ったり敵陣に居座る楽しさを覚えちゃってからはロンレジを遠距離で撃つ回数が減ったような…笑
ウォルシあって成せる事です、はい。

ただ不利が多いと、前に出ず後ろで狙撃。前に出る時と出ない時があまりにも極端なので不利が多くても前に出れるスタイルを構築するのが今後の目標になりそう。あと、アルゴーさんをロンレジで沢山撃ち抜けるようになりたい。カメラの性能とタイトロープの性能を考えると…いや考えなくても…これ以上はやめよう。悲しくなってきた。



標準型「キュアオペレーター」コスト1500 使用回数:422 使用率7.56%

実装されてからプラチナGSまで、キュアオペには何度もお世話になりました。ありがとうキュアオペ。これからも宜しく。回復銃のリロードちと重いたいが。

とあるフルテンの方とバーストした後の野良で味方マチした時に確立した私のスタイル。バーストではもう酷くてキュアーに変換した(はず)先陣切って前線にウォルシ置き、高コストの背中を常に気にしてストーキングして…アルゴーさんロンショで沢山寝かせて(有利つくからってロンショかましてたら勝ったけどスコア悪くて怒られたのはいい思い出( ˇωˇ ))

寄り添うのがキュアーよりも大事になるかな、と。ただ耐久そんなにないからすぐ落ちる。落ちて帰ってきたあとのカバー力も問われるのかな、なんて最近思ってみたり。
あと相性。フルテン・ダイスト・24インフィ・王ヴァン・24カネ・アサルトの方とは相性いいなぁ、と個人的に思っているので、この方々とマッチングしたら喜んでキュアオペに乗っちゃいます。この他の高コストが居てキュアオペに乗ろうとする時は相性探ししてますな、きっと。

アタック力皆無なのでアタック取れる方に試合中はずっとついていくので、どうぞ宜しくお願いしますです。



最後に

野良でもバーストでも喜んでキュアオペに乗り、前出ていきいきする17アシの方がいればきっと同士だと思うのであってみたいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。


YouTubeは此方から
更新日時:2018/10/05 22:44
(作成日時:2018/10/05 22:44)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア