356

脳筋のWP解説『22鉄砲サムライ』

by
Gストーン
Gストーン
まいど最近検証日記ばっかりな脳筋です。(笑)

今回はTwitterでリクエストがありこちらの武装の解説を行います。

その前に、前回のジャンプアシスト兵器に沢山のいいね、コメントありがとうございます~状態異常に関してはスタンガンやイエローペイント、ハンドではないライトニングガン、シャボン、ワイヤーフックやらまだ検証できない部分がありましたので。(セイラ下格闘のボーラやオルガ下格闘の重力、シュリ下格闘等についてもやってみる予定です。)その辺りを再検証行い追記として入れていきます。多少時間かかる可能性があるため更新した際はまた日記にお知らせとして書きます~


それでは本題の武装解説いきます。



右手
レーザーウェイブガン4

55→35→20→8
QD57(QD補正約4~5%)
B以下2発
アレックス3発
まつりか3発
ジョナサン4発で強制ダウン

縦に長い斬撃を放つ
見た目通りの判定で縦にはとても強く(横軸さえあってたらかなり縦軸が適当でもあたる)ダウン時はゆっくり打ち上げり追撃もしやすい。レーザーのため盾にも強い

注意点としてはよろけBのキャラは地上立ち状態の場合1発は耐えれる上にそのまま連打されても2発目で強制ダウンになり安いダメージなるのと横に対してはかなり狭いためその辺りはしっかり狙って行きたい。

QD補正はほぼないに等しく
通常キャラで90、ジョナサンでもQDなしでは120行かないこれだけでは火力不足になりやすい。リロードは良好ではあるが、弾はすくない為火力と弾の関係で必然的に格闘を絡める立ち回りになりやすくなる。
ただし左手に強力な盾があるため貼り付いたら一方的に刻める為当てる数を調整してダメージを稼ぎたい。

左手
ソードシールド4
立ち回りの要になる強力な盾
簡単に説明すると展開時間に制限はあるが
リロード良好、重量も軽く絶対に壊れない反射シールド(アドバイス、ウォール盾と同じ破壊不能タイプ)
反射なんで左手AIM次第では相手の自爆も狙える(反射は相手の自爆扱い)
長時間の展開はできないため複数はさばけないが、タイマンなら圧倒的優位を取れる為
近距離で攻撃を盾で流しつつ、一方的に相手を刻むのがサムライの戦い方になる感じです(あくまで体感)




スモグレ4
接触またはサブトリガー起爆により爆発
直撃30補正100%(一発目のみ)

爆発したら周囲を煙幕状態にして煙幕内に居る場合相手の位置が分かりにくくなる(煙幕内に居ると互いにカーソル等が表示されなくなる)
例外でシュリの貫通レーザーは影響を受けない

爆風
30→22
2発当たるとB以下はダウン。

武器とした場合、弾の直撃は補正がかからない上にかなりダウン値低くレザウェイブは追撃そのまま全弾はいる。
空中ダウン状態からの直撃でBまで一瞬よろけが発生するがそのだとその後ダウン状態で落下するため攻め継続には使えない感じ
まつりか以上はそもそもよろけない

ただし直撃で補正ないのは一発目までで2発目からは補正が入ります。スモグレ直撃2発+レザブレ4発で30→30→52→34→18→8

逆に爆風のダウン値、補正がきついためコンボに組み込む場合は弾頭直撃が前提となる。基本的に撹乱用かコンボ用となる。敵味方どちらも影響するため安易に撒くと迷惑になりやすいため注意

自爆延命には都合がよいため(低ダメージ、高ダウン)
ラスキルになった場合でも盾と自爆で普通よりは延命しやすい。状況に応じて自爆して時間稼ぎたい

自爆延命がしやすい武器のため装填数2、リロードもやや重い性能になっており弾切れしやすく扱いが非常に難しい。



火縄銃5
直撃
150→37(補正率約25%)
爆風
最大約75→直撃で54(補正率約33%)

(射程限界付近で爆発、敵キャラロックしてる状態の横枠のカーソル枠辺りまで爆風発生、爆風減衰あり)

発生こそ非常に遅いが、弾速度、弾当たり判定が大きいサムライにとっては貴重な射撃武器。

似たよう武器にキャノン砲があるが、あちらに比べて弾の判定は大きい為直撃が狙いやすい。

基本的に直撃を狙うキャノンと同じ感じの武装だが、適正距離は武器射程ギリギリである
(砲弾が外れても爆風でダウンやダメージがとれる為命中しやすいため)

独特な射撃感覚なので運用する場合は一度使って練習してみることをオススメします。
こちらを運用できないなら強化サムライを乗る方がよいため
頑張って使いこなしましょう。


総評
他サムライより撹乱、射撃戦闘を重点に置いた感じですが、良くも悪くも火縄銃の使い方が戦果に直結するパック

現状は100上げたら強化サムライがおり、レーザーウェイブを押し付けるなら標準や強襲の方がコストも安く使いやすいショットガン武装があるため(格闘補正も鉄砲はサムライ系列の中では一番低いのも痛い)コスト高い割には差別化しにくくかなり辛い立ち位置である。(個人的には射撃戦闘するにも火縄銃だけでは厳しい感じします。)
もし使うなら鉄砲主体として仲間の援護や護衛を主体とした迎撃系の戦い方がしっくり来そうな感じでした。


以上考察終わります。
最後まで読んでくださりありがとうございます。





 
更新日時:2018/08/17 01:55
(作成日時:2018/08/17 01:21)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア