222

もどかしいこの気持ち、伝われ…

by
てんぷら
てんぷら
ボイチャにて


あー!敵の○○が!あー!あーー!!


わかる…
わかるよ…

やろうとしてることが出来なくて、敵の攻撃にやられ、パニックになって、助けが欲しい…
気持ちは痛いほど伝わる。
俺も正直よくやるよ。

でもこれだと何をして欲しいのか、伝わらないんだ…

勿論、そもそもの話としてマップとかを確認して状況把握しろよ、というのは正論なんだけど。
こう言い直すだけで簡単に伝わるんだ…


この敵狙える?


狙えるか、狙えないか。
それだけなら即座に判断が出来る。


(´・ω・`)上から目線で申し訳ない

こういう「質問する側が選択肢を用意して、それに答えてもらう質問」のことをクローズドクエスチョンと呼ぶんだけど、聞いたことはないかな?
逆に、「選択肢を用意せず、自由に答えてもらう質問」はオープンクエスチョン。
簡単な例で言えば、「好きな食べ物は何?」ならオープンクエスチョンで、「カレーとハンバーグ、どっちが好き?」ならクローズドクエスチョンになるよ。

ボイチャは情報共有にはとても役に立つ。万能ではないけど、シンチャよりもスピーディーに情報共有出来る。
じゃあ、更に効率を良くするためにはどうすればいいか?
個人的な答えとしては、短い言葉で、簡単な質問をすることだと思う。


○○が××だから◻︎◻︎は△△して欲しい!
っていうより、
◻︎◻︎は○○を狙える?
といった方が伝わりやすいと思う。



これ、ガンストと関係ないところでも同じで…
スピーディーな対応が求められる場面(ビジネスの世界とか)はオープンクエスチョンよりクローズドクエスチョンにした方が好ましいとされるよ。
また、クローズドクエスチョンは選択肢を用意する関係上、相手は自分の意見を言いにくくなるよ。
「晩飯はカレーとハンバーグ、どっちがいい?」って言われて、「いや、餃子がいい」とは言い出しにくくなる、そんな感じ。


(´・ω・`)今日夕飯どうする?って質問する時には、冷蔵庫の中身で作れるもの確認してから、クローズドクエスチョンすればいいって話。
更新日時:2018/07/22 19:46
(作成日時:2018/07/22 19:46)
コメント( 2 )
サンドバック
サンドバック
7月23日 7時8分

これはありますね。
試合終盤時に相手のラスキル狙いに行くときは
自分が行くから、誰か相手の回復役抑えて欲しいとか
ラスキル候補が〇番と〇番2人居るからどちらにしますか?と言うだけでも結構違うのに
それを伝えずに猪気味に片方だけを追って回復蒔かれ続けて負けたり
追いきれずに、逆にこちらの味方が枚数不利で負けてしまったり
ボイチャを意識しすぎてシンチャが疎かになってしまったり
気を付けたい所です。

てんぷら
てんぷら
7月23日 9時38分

難しいことなんて何もない、簡単なことなんですけどねー(´・ω・`)何度その簡単なことが出来なくて負けたか…
言ってくれる方もいるんですけど、ゲーセンのメンテナンスによってはボイチャが聞きとりにくかったり、話が長くて結局何をすればいいかわからなかったり、その両方だったり…。
自分も気をつけます。

コメントするにはログインが必要です
シェア