392

現環境への感謝

by
HaPasteLia
HaPasteLia
アップデート間近でアルゴー環境からの移り変わるかは不明ですが一つの区切りとしての雑感を。

今の環境は正直嫌いでした。標準ウォーリアに乗りなれ使っても中コストウォーリアばかりだった僕には高コスト編成は難しく、超弩級ヘビガンは使いなれず高火力ウォーリアは安定しにくい。

アップデートが入り、高コスト編成から解放されると思っていたら弾幕サーファーが壊れアルゴー主軸に変わっただけ...。

ウォーリアでは、アルゴーに干渉できず勝率は落ち込むばかりでした。

負けが続き違うキャラクターに乗り気を紛らわしやっていましたが、つい最近友人とトレーニングで対面を行いました。
僕は標準ウォーリア、友人は標準レンジャーを使い撃ち合った結果惨敗しました。盾はハンドガンで割られフルショはマシンガンで撃ち落とされ、スタボムも同じく着地とる前にマシンガンで落とされ頼みのハンマーは外してばかり。

呆然としました...。ハンマー大好き人間がいつの間にかフルショとスタボム頼みに変わっていたのですから。思えば最近はフルショで取り敢えず寝かせスタボムを当ててからハンマーを使うことが多くなっていた気がします。
ハンマーを狙いすぎなのは問題ですが、使わなさすぎはダメージは出ませんし威圧感もなく無視されます。

そこで、一度ハンマーと向き合い直すことにしました。
といってもやることは単純にトレーニングモードでハンマーだけで戦うだけです。
それでもやはり酷いものでAIMは落ちていましたが。

何度か調整のあと全国対戦に向かうと安定し始め少し心に余裕ができ始めました。
そしてとある試合のブリーフィング時に気づきました。この編成連射武装持ちが少ないなと。
解っていたつもりでした。弾幕サーファーを見るとき連射武装は必要ですが奴の火力と機動力ではどうしても一人で見ていては事故が発生してしまいますし、連射武装にもアルゴーに当てやすいもの、当てにくいものはあります。
そこで一度勇気を出して遊撃ヘビガンに乗りました。結果アルゴーが敵側マッチ。アルゴーにしっかり干渉でき、勝つことが出来ました。
今まで下手にウォーリアが使えてしまっていた分ヘビガン2落ちの発想はなくヘビガン事態苦手ということであまり使っていませんでした。
ウォーリア2落ちと言う固定観念が編成の幅を狭めていたのです。
これを機会に超弩級ヘビガンもある程度使うようになり編成の幅は更に広がりました。


今回の環境は僕にとっては地獄のような環境のつもりでしたが、僕の可能性を広げどこか忘れかけてしまっていた


味方との勝利のために負担を減らすため戦う

という大切な初心を思い出させてくれた、好きではないけど嫌いではないそんな環境でした。
この環境に感謝しつつ、もう一度成長していこうと思います。


   





あ、ただアルゴーさんそのビームガンとロクビ許されないので没収されてきて下さい。
更新日時:2018/06/25 13:02
(作成日時:2018/06/24 22:59)
カテゴリ
プレイ日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア