918

ガンスト3&Σ金帯昇格までの2年1か月の全記録(3編)

by
Feel
Feel
今回初投稿です。
本日ついに目標である金帯への昇格を果たしました。やってる人からは「そんなの簡単だよ」という人が結構多いと思いますが、僕としてはかなり苦しんだり、傷ついたりと嫌な体験を乗り越えてやっとここまでたどり着きました。その僕が体験した2年1カ月の全てを出そうと思います。

まず僕はガンスト2の稼働の中後半(今は黒歴史というアニメ版開始頃)から本格的に始めて、風澄をメインとして使っていました。その2の最終ランクはAランクでガンスト3に入りました。あと、ガンスト2ではバーストを指折り数えるほどしてなかったので3からはバーストを多くやりたいと思い3に突入しました。

ですが3に入って数カ月以内に精神的にキツイ事件が2つ体験しました。
1つは1つの試合に負けて負けた原因が俺と決めつけて文句言われて、「やめろ」と言われた事とホームゲーセンのメンバーから悪口を言われた事です。
2つ共ツイでやられた&見つけた事だったのでこの時は本気で辞めたい気持ち半分と怒り半分の気分になっていました。さらにこの時期は仕事でもパワハラ的な事を体験されたので苦しかったです。この事件を機に遠距離バースト封印、ホームゲーセンを移動という事態を強いられる形になりました。このおかげで周りに教えてもらえる人やアドバイスもらえる人もいなくなりました。
この時たまたま偶然にメンタル面の勉強をつまみ食い的な感じで勉強してたので、やられるとプレイのパフォーマンスにも悪影響が出るという記事を見た時は「確かに」と納得しました。

ホームゲーセン移動後はもうがむしゃらになりながらやってまして、2の時は意識しなかった2-4回収の意味もやっと分かるようになり野良では11連勝を達成したりと銀D1から銀SSまで上がる事に成功しました。
ですが3になってから最初の冬頃、銀SSから急に勢いが止まり銀SSから一気に銀AAAまで上がったり下がったりを6往復する羽目に。この時はしづねのマスアサに苦しんだり、アスマのセイバーに苦しんだりと環境の影響だったり、慣れてない味方の援護に苦しんだり(主に棒立ちしてた人など)ラスキルと気が付かない人も見たりと自分の立ち回りの見直しも何度もしました。
この頃、とある友人からは「金帯は楽に上がる」「風澄やめるべきだ」と悪い話をされる事ばかりでした。この時俺は「楽に上がる」は嫌味しか聞こえなかったし、「風澄やめるべき」は試合を全然見てないのに、試合の結果だけで決めつけるのはおかしいと思いました。

そして、2017年春になりちょっと遠距離バーストを仮解禁で募集し、うまい人に立ち回りを見てもらう2バーをやってもらった時に金上位とプラチナ帯と対戦した時に負けはしたもののこんな事を言われました。

「惜しい所まで対抗出来てる」

この言葉で自分に自信が持てるようになり、安心も出来ました。

とまあ、3の時期はここまで。Σからはいよいよサブキャラ探しが本格的に始まるのですが、この話はΣ編にて。
 
更新日時:2018/06/17 21:01
(作成日時:2018/06/17 21:01)
カテゴリ
プレイ日記
コメント( 2 )
Nullyakko
Nullyakko
6月24日 16時1分

お疲れ様です。なんて言っていいかは分からないけどお互い強く生きましょう!
自分も今負けが続いて環境キャラとか構成とかに悩まされたりしますけどやっぱりガンストって楽しいですよね!
敗北を知る者は強くなれますよ!

Feel
Feel
7月3日 23時3分

>Nullyakkoさん
ありがとうございます。この頃は結構日常生活など色々と苦しかった時期でした。こんな事があったからこそ強くなれたのかなと思ってます。

コメントするにはログインが必要です
シェア