884

ボイスチャット基礎講座

by
シャンドラ
シャンドラ
※この記事は1人の知識によって書かれています。もし、ここはこうじゃないか?や、これも必要なのでは?などの意見がありましたら、是非コメントに書いていただきたいです。

1.はじめに
 3になり、ボイスチャットが導入された事により野良でも連携が取りやすくなりました。∑になった今は、よりその連携が重要になってきています。
 でも、せっかくボイスチャットがあっても、何を喋ればいいかわからない人、多くないですか?
かくいう僕も、3始まった当初はちんぷんかんぷんでしたが、心優しい色々な先人に教えてもらい、なんとかボイスチャットによる意思疎通は図れるようになったのではないかと思っています。
 なので、僕なりにボイスチャットの使い方を書きまとめて、バーストあまりしたことないとか、ボイスチャットで何をいえばいいのかわからない、という人の力になれば、と思います。

2.ボイスチャットのメリット
 では、まず、ボイスチャットを使うとなんのメリットがあるか、についてです。
 ボイスチャットで連携、イメージはわくと思いますが、具体的にどんなものなのかな?と思っている人は、特に初心者の人には多いのではないか、と思います。
 ボイスチャットでの連携とは、簡単に言えば『味方と視野を共有する』ということだと思っています。
 味方の体力が減ったなら、守りに入らなければなりません。でも、その体力が減っている人は、誰から逃げているのでしょうか?また、その人は、具体的にどれくらい体力が残っているのでしょうか?
 それらを知るために、1人ならば、ミニマップや体力ゲージを確認して、味方の位置を把握し、かつ誰が追いかけているのかを確認してカットに入らなくてはいけません。
 一方、追われている側が、自分は誰に追われていて、残り耐久はどれくらいだ、という情報を伝えられれば、カットする側は簡単に誰を止めればいいのか分かります。具体的な耐久が分かれば、まだ多く残っているのなら、そのまま攻めに転じてもいいですし、残り半分程度ならそのままその人を守る動きをすることも出来ます。
 攻めについても同様で、誰がどれくらい削れているのか、敵に状態異常が入った、敵の回復持ちを止めている、といった情報を共有出来れば、有利に試合を進めることが出来ます。
 これが『味方と視野を共有する』という事だと思っています。

3.ブリーフィング中
 挨拶は大事です。「お願いします」と言っておけば、少なくとも最初の印象は悪くないです、多分。
 そうしたら、とりあえずは誰が前に出るのかの相談をしましょう。コストが割れた変な編成になってしまうのが一番怖いので、「前いるなら〇〇、いないなら〇〇で前出ます。」のように自分の乗りたいWPを主張していった方がいいと思います。  敵が表示されたら、味方の止めて欲しい敵や、それを誰が行くか。開幕どう動いていくか、などの方針をざっと固めましょう。

4.試合中
 では、試合中には味方と何をボイスチャットでやり取りすればいいのか、ということです。
重要な事はいくつもあるので、覚えるのは大変だとは思いますが、それだけ、このゲームには必要な情報が多いということだと思います。

自分の残り耐久
具体的な数値で分かることによって、まだ大丈夫なのか、守りに行かなければいいのかが分かりやすくなります。ここから自分がどう動きたいのかも伝えられるとベストです。
例:「ジョナサン真ん中で寝ました。このままライン作ります。」「バン(自分のキャラ)、残り250です。まだ味方被弾してないので少し下がり気味に動きます。」「リカルド死にました。リスタでリューシャの援護入ります。」

敵の動き
敵が何処にいて何をしているかを伝える事で、チームでまとまって対処をする事ができます。ミニマップを見忘れている間に敵が近づいてきて手痛い一撃をもらってしまった、などの事故も防ぐことが出来ます。
例:「ジョナサン寝かせました。」「オルガ高飛びしてます。」「しづねが横から奥抜けしようとしています。」

狙って欲しい敵・注意して欲しい敵・注意しなくてもいい敵
上の敵の動きにちかいのですが、不利な敵に張り付かれていたり、逆に敵の足を止めた時。自分が止めようとしている敵が止めきれていない場合や、止めるべき敵を止められている時に伝えると、事故らされてしまう可能性や、敵のラスキルに逃げられてしまう事が減ります。
例:「オルガ、ジョナサンに張り付かれるので誰が援護ください。」「アカネ、ボーラもらいました。カットお願いします。」「敵のアーロン足ボーラ、衛星焼けますか?」「リューシャフリーになって衛星構えました。」「貫通ダウンです。抑えてます。」「ヒーラーに張り付いて回復止めているので、敵の回収お願いします。」

 ④敵の耐久
敵の耐久は一々ターゲットを向けないと見えません。そのため、自分が寝かせた敵などは、その耐久の情報を伝えることで、誰をラスキルにするかや、誰を削らなければいけない、などが決めやすくなります。
例:「鏡磨はねー、今半分ですね。」「レミーパリ(残りあと少しの意味)になりました。」「二枚目(二人目に落ちた人の事)に主水とれました。」

味方への注意
つい敵を追いかけるあまり、1人が敵の中に囲まれそうになっていまう。まだ死ねない自分の周りに複数の敵を残して味方が前に行こうとしてしまった。そんな時にな遠慮せず要望を言いましょう。その要望が正しいかどうかは試合が終わってから考えて、合ってたならよし、間違いなら反省しましょう。
例:「クシー、そこ囲まれてます。下がれますか?」「僕のところに敵2人来てるんで、前行かずに守ってください。お願いします、なんでもしま(ry」

覚醒やクロスリンクの予約が暴発したとき
覚醒やクロスリンクの予約の暴発は良くあることです。覚醒を暴発しても、もしかしたらクロスリンク出来ないことに味方が気づかないかもしれません。あるいは、予約の暴発をクロスリンクと間違えてしまうかもしれません。そういう時は、すぐに声を出して味方に伝えましょう。
例:「覚醒暴発しました。個人覚醒で行きましょう。」「予約です。リンクじゃないです。」

5.試合が終わったら
勝っても負けても、一緒に戦った仲間です。お疲れ様でした、等言うのがいいと思います。もし、味方の動きが意図していたものでなく、ストレスが溜まることもあるかもしれませんが、その場で相手にぶつけない方がいいと思います。特に、ボイチャ慣れしてない人なんかは、そこでキツイ言葉をぶつけられてしまうと、怖くなってボイチャをやらなくなってしまうかもしれないので、その場は我慢して後でTwitterで愚痴るなり、直接言いに行くなりした方がいいと思います。

6.最後に
長くなりましたが、この記事が色々なガンスリンガーの役に立ってくれる事を祈っています。ここまで読んでくれてありがとうございました。皆様のガンストライフがより楽しいものになれば幸いです。
更新日時:2017/05/29 09:51
(作成日時:2017/05/25 22:16)
カテゴリ
ボイチャ
コメント( 3 )
Escroc
Escroc
2017年5月31日 11時12分

ちょっと前に野良ボイチャで「〇〇寝かせました」「司覚醒したよ」っと言ってたら相手から「見てればわかります、うるさいです」って言われました
俺が悪いん?

シャンドラ
シャンドラ
2017年5月31日 11時54分

恐らくですが、相手の方がボイスチャット慣れしていなかったのではないでしょうか。
誰が寝ている、や誰が覚醒した、等は非常に重要な情報なので、うるさいと言われてしまった事を気にせずに、そのような報告を続けて頂ければと思います。

Escroc
Escroc
2017年6月2日 10時26分

ありがとうございます
正直お前なんのために野良ボイチャ繋いでんだよ(^ω^#)
って気分でしたʬʬ

コメントするにはログインが必要です
シェア