270

ジョナサンのすゞめその②

by
しらぬい
しらぬい
前回の続きから。
前回はまぁジョナサンに対しては相当な数の苦手な武装があります。
その中でどのような前衛の動き方をすればいいのか。

【タゲ集めをするか。苦手なキャラを抑えるか。】
前衛の前提は
・タゲを集める。
・火力でミリ作り。
・味方のライン上げ。
・苦手なキャラのカバー
この4点がセオリーです。これは無印から変わってません。

なので基本的な動きは
①前に出てコスト割れや事故が起きやすいキャラの先落ちを狙う
②敵の放置してはいけないキャラにプレスしていく

というのが僕の中であります。

ここで、自分がyoutubeの方に動画を上げているのでそれを参考にしながら話を進めていきましょう。

この動画は先週(銃王戦開始前)撮ってきた野良3本です。

1試合目の内容に関しては相手がスキーマー入り高コスト編成。
この編成に関してスキーマーをがっつり噛みに行けるキャラが自チームに居なかったので自分がいきました。
つまり上記の②を目標として動きました。
結局的に味方のアカネが波動砲で事故って負けてしまいましたが、相手チームの一番最初に落ちたのは24スキーマー。
24スキーマーを見てない間がかなりターレットで味方がやられていたな~という印象です。

2試合目の内容に関しては最初は①の目標としてレンジャーをダメ追おうかなとおもったんですが途中から22グレイハウンドが24インファイターにつかまって事故が起きたので即座に24インファイターに変えました。
味方2人盾持ちだから24インファイター行かなくてもいいかなと最初おもいましたが、事故が起きた以上はカバーリング。
必ずセオリ―通りに行くとは限らないのでケースバイケースで変えていきましょう。
この試合は自分が落ち枠交換をしようとしたのですが自分がワイヤー引っ張りから格闘もらって減ったのがもったいなかったです。
何とか勝ちましたが、かなりきつかったです。

3試合目の内容に関しては②を目標として
梅田という広く、見通しが良く、射線が通りやすいステージに関しての波動砲は放っておいたら必ず負けます。
+鉄壁ガディという編成だったのでエリシ、プロシを割りつつダメージを当てていく戦法で行きました。
やはり相手の弾幕武器がキツく。エリシを割ってもなかなかハンマーでダメージが当てられなかったのですが、終盤に向けての動きで事故りやすいキャラのレミーにラスキルを絞れたのは強かったかなと思いました。波動砲GJ。

ということで一応目標の二つの動きを主体として動いた3本でした。
まぁ上手くいくことなんてほとんどないので味方と一緒に自分がやりたいこと、味方にやってもらいたい事をうまく通じれば勝てる試合もあるかなとは思いますが野良だとまぁ上手くはいかないよねっていうのが本音です。

ご視聴ありがとうございました。
更新日時:2018/05/14 20:27
(作成日時:2018/05/08 22:46)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア