157

意識してることを

by
美海想い!きずまる
美海想い!きずまる
どうもきずまるですー

書きたかっただけな投稿にはなると思いますがなんか書いてみます

ちょっと環境の変化と、升アサの使用機会が増えてきたもので他のアサシンの攻略書いてる場合じゃなくなりつつあるので15以外のアサシンは折を見て書きたいと思います
幸い、極端に環境に左右されるのは編成くらいのキャラなので変な記事にはならないと思います
書いたとしても攻略にはしません、盛り上がり始めてきたこのサイトに僕が攻略なんて釘打って偉そうにモノを書いても説得力ひとつもないので

僕ってなんだか最近思うのがとにかく頭硬いんですが、ガンストにおいてはちょっと世界を変えたら色んな何かが伸びてきたりしてそれは確かな自信になってます
上手い下手ってより、この方面だけでは負けたくないっていうモチベーションになるステータスができました

試合中、はおろか前後通して反省まで考えてることとしてそれぞれの状況と盤面を見てどんな選択肢がある、もしくはあったかをよく考えてます
僕とにかくAIMなどにセンスはないし、立ち回りも芸がある方ではないし、どちらかというと一発芸なタイプで噛み合わなければおしまいの残念なプレイヤーでした
ここを意識するようになって動きに安定感が付いてきたのです

全体の状況は両チームの陣形、それぞれが何を狙いたいかを雰囲気で察したり、移動する先である程度予想をつけてます
これはバーストでも大概同じです
ここでの口数はどちらかというと減らしたい、余程なれてるバーストならお互い喋る余裕があるでしょうけどもっと大事な情報に気を使ってもらいたいので僕は喋ってもらわなくてもいいようにバーストでもなるべくそこは見て予想はして、その時の最適解を自己である程度は出すようにしてます

バーストメンバーでは唯一買われてるところですね
行ってほしいところに行くって、例えばメインキャラはしづねの僕なら結構うってつけなキャラを使ってるわけで

で、この予想がまるで違うことは当然多々あります
自分の考えなんて違ってることも多いのですから
そんな時も、日頃こういうこと意識してると対応を考えられるようになるものです

例えば味方が一緒に前出てくれてるから助ける位置取りしながら一緒に進軍しようとしたけど、流れ弾もしくは狙撃一発みたいな相手側がうまい弾をもらっちゃった時
これは当然こちらも対応が変わります
状況にもよりますが、この場合はその人がいつでも帰れる状況を作ってあげたいので率先して釣りに行ったり、時には後衛まで自分で行かなきゃいけなかったりもします
前のキャラさえ止まればその人が助かるならなるべく近い位置にいて、いつでも助けられるようにすればいい

これって自分の時も同じですよね、助けて欲しかったら助けてもらえそうなキャラの近くでこもるなり、来てもらうなり
こういうのって当たり前かもしれませんが、パニックになれば意識してできなくなったりもします
僕もそこが100%はできるわけじゃないし

でも意識して続けることで近付けることはできます
僕もほんとに下手くそな中、そこだけは7割くらいはちゃんとした判断できるようになってきました
まだまだ上を目指したいですが、なかなか…

因みに本当に詰みな状況になっちゃうことって割とありますよね
そこもこれを意識してると実は結構はやくから予想ができます
予想できればその前に一手打ってマシになる可能性もあります
それができないと言葉は悪いですが、ポイ厨しよっかって話になっちゃったり…wでもそれはそれで、ほんとにアタポ取ることが最善になっちゃうこともあるので
その辺の判断のメリハリと早さは、バーストしてくれてる身内が唯一ほめてくれたところです

こういった全体の状況をよく「盤面」なんていってます


実はこんなことしてたら、最近AIMが少しずつ伸びてきてたみたいで意外な武装が当たって、初めてまともに使えそうなパックが出てきて組ませてもらってます
僕の場合はスパルタンですね
…なんかレールガン割と当たり始まってきてるんですよねw
スパルタン自体も個人的にはかなり評価しているので、そのうち見解も書こうかと思っています

こんなふうに副産物もあります
煮詰まった気がする人はちょっと意識してみてもいいと思います
対戦ゲームってメンタル大事ですからねw慌てないようになるのは大切です


それではこの辺で!
更新日時:2018/05/08 07:54
(作成日時:2018/05/08 07:54)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア