257

アプデ感想(Pt下位雑魚オルガ視点)

by
魚の小骨
魚の小骨
今回のアップデートの勝手な感想をメモっておきます。
(勝手なオルガ視点)


①オルガの調整

スナイパーライフルの対盾ダメージ向上


・オルガの久しぶりの上方だ!やった!
と思った人、たぶんたくさん。


「一撃火力」がウリのキャラのはずでしたが、
次々追加される、キャノン。波動。ロンバレ。ビーライetc.
単発。とまではいかないけど、短い時間で高火力を出せる武装持ちが増えてきました。

そして、盾持ちWPが流行っている(と思う)現環境に、盾割りを意識したWPも追加されている…。
という盾環境に対応した形の上方修正でしょう。

とはいえ、
盾持ち前衛にスナライで盾割り→追撃。
なんてことは難しすぎる…。

具体的に考えると、
着地カバーの盾張りにリスクを負わせられる。


程度のものだと思います。

キャノン、アンマテ程割れるわけじゃないので、あんまり過信しない方が良さそうです。
盾割に弾を使って、ダメージが取れない!のは、オルガの長所を殺しているので、弾を割いても盾を割りたい時でもなければ…、盾割りを引き受ける意味は少ないでしょう。

咲良のアンマテ5の方が、弾が2発になったことで、
盾割り→ダメージ  を行えるようになってしまっています。

オルガはやはり
従来通りの立ち回りを心がけた方がいいでしょう。
悪くいうと、別にそこまで強くなってない。

追加WP、強化型「スキーマー」

ガンスト2最終期の「シャープスキーマー」より断然強い。


ダブル   ハングレ6   4発投げれる!
            マシピ5     それなりに使える。
サイド   アサライ5   まだよくわからん
タンデム ターレット7  3点バースト!

タンデムのターレットはまさかの3点バーストになり、
引っかけやすくなりました。火力?検証してないのでわかりません。
とにかく、足止め能力が高くなりましたね。
当てやすいこと自体が強い要素と言えるので、オルガらしからぬ強武装です。

貫通や迫撃に泣いても、アサルトライフルを備えているので
そちらでも火力を取っていけます。

ダブルの自衛力は言わずもがな。
自衛どころか返り討ちができるレベルの装備。

弱点は「連射武器」
アサライで撃ち勝つのが難しい人には致命的と言えそうです。


リスクの管理が重要なWPと言えると思います。
より具体的には、
「遠距離火力WP」だけど、自分に近い敵から処理していく。などです。
そして、
アサライの精度を上げ、自分に接近される前に耐久を削れるようにする。
ターレットが使えない場面でも戦えるようにしておく。

アサライ大好き!な人にはいいかもしれません。
私は使っていて楽しかったです。

そしてひっそりと、オルガ最高耐久の420。
よかったね。オルガ。


 
更新日時:2018/04/22 22:18
(作成日時:2018/04/22 22:18)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア