368

アサシンあれこれ!15

by
美海想い!きずまる
美海想い!きずまる
ちょっと文の方考えながらやっております、間が空きますが…

1500コストのアサシンについて少し触れていきます
書きたくなって書いただけなので攻略記事にはしません


武装構成は今更ですが
ダブル アサシンソードLV5
サイド ロングショットガンLV3
タンデム シャボンランチャーLV3

一目でわかると思いますが、アサシンソード(以下アサソ)以外ではダメージ源になりにくい武装構成になっています
よって、味方が求める事は「アサシンソードを有効な相手に当て続ける」ことになります
他二つはそれぞれ有効な場面はあれど、基本的にはアサソを活かすためのパーツだったり一旦戦場を落ち着かせる仕切り直しの役割だったり
なんにせよ直接的にはそこまで重要な武装にはなり得ないです
シャボンで止めて味方にとってもらったり、ロンショで若干の枚数有利から押したりなど、方面によって役立つことはありますが基本的に味方がそれを求めてるかといえばそうではないと思います
尚、耐久は350となっています

強み及びポイントとしては

アサソを当てられるかにすべてがかかる分、やることがわかりやすく伝わりやすい

比較的アサソはダウンが早い武装なので状況構成が比較的得意、しづねから始まるなら回し合いも対応しやすい

足が速いので不意を付いた立ち回りから盾割りもこなしやすい

強みであるアサソをロンショでの実質的な射程延長、着地などにシャボンとの二択によりとにかく活かしやすい

こんな感じになると思います

足の速さが特に強みで、タゲを取るということが基本的に苦手な代わりに自分が行きたいところに行って仕掛けるという行為が非常に得意になっています
アサシンはスピード覚醒ですが、しづね本体の足回りも相まって覚醒中の恩恵は同タイプでもトップクラスです
自分で戦果を残せるのなら個人覚醒を視野に入れても構いません
因みに耐久が高いわけではないので油断するとあっという間に死にます、故に回し合いが強いといっても事前に状況を確認して乱戦に飛びましょう
自分は110程度のダウンなのに後隙取られて死んじゃって収支マイナス…は宿命ではあるのですがやるべきではありませんw
自分が死なないにしても、その後隙を特に中衛辺りが取ってくれるかは見れてると色々具合がいいです
野良では難しいですが察してくれる方もいらっしゃいますので、フリーであれば信用するくらいの気持ちで行きましょう

欠点は
タゲが取れるわけじゃないけど低耐久かつミドルレンジ以下で戦果に繋げにくいので2落ちがほぼ必須

反射盾には流石にリスクがつきまとう、盾割が得意とはいえ万能ではない

火力ソースの都合上、劣勢をひっくり返すのが単体では至難

他二つの武装がフォローに失敗すると最低クラスのリターンで、扱いが難しい

ラスキル対象になりやすいが、その場合に出来ることも基本的に暴れるしかなく終盤の安定感がない


ざーっとあげるとこんな感じですが、一番頭は色々と重要です

まず、タゲを取れるわけではないと言いましたがこれは特に「相手有利に試合が進んじゃった」時に顕著に出ます
単体でひっくり返す火力がないので、影響力としてみなされなくなってくるからです
こういう場合はポイ厨みたいな感じで殴り続けるしかなくなりますが、実際にそれが最善になってしまいますので基本的には展開としてそうなってしまっただけで味方には寒く思われると思ってください
インコストならここで落ち枠を切り替えたりもできますが、その場合もただ下がるってなるとそれも影響力としてみなされなくなりますのでついてまわる欠点となります

また低耐久故、相手の攻撃を受け続ける立ち回りはできません
そこも相手に無視されるきっかけになり、2落ちがほぼ必須な割に厳しい点です
その代わりに足が速く味方を助けることは得意なので、すれ違った相手に特に注目して少しでも足を止めるようにしたり、もちろん割り切って後ろからのタゲをもらうことも必要になるので状況に応じて対応していくことになります

反射盾は跳ね返される危険がありますが、基本的には行っても問題はありません(王ヴァンや23クラッシャーは現状例外で逃げた方がいい)
が、自分が危ない時に行くと殺される危険性があるので頭の隅に置いておきましょう
例外に至っては覚醒してまで逃げた方がいい場合すらあります

ロンショ、シャボンはそれ単体でリターンに繋がりにくいので、基本的に確定でそこをフォローできないのであればその状況では封印するくらいの気持ちで構いません
しづね腕力ないので足を止めるきっかけにもなるし、構え過ぎはよくないです
ライン上げにとどめる判断が重要になります
例外はシャボン、着地を安定して取れる武装なので着地には狙っていきたいところです

最後の欠点はリカルドなんかと似てますね、集中砲火であっという間に粉になってしまうので終盤の立ち回りはより繊細に行きましょう
これもまた味方に負担をかけやすい所以になっています


最後に編成を組む上で
基本的に回復を組まない限り確定2落ちで組んだ方がわかりやすいです
インコスにしても戦力が安定しなくなるだけだと思いますので、特に自衛に気を使って編成を組むといいと思います

またこれらの特性から、このキャラは最序盤から中盤に差し掛かるまでのあいだでどれだけやりきれるかで後の展開がだいたい決まります
ので、一気に攻めを仕掛けやすいエアレ、23スキャとなんかはわかりやすく組みやすくなっており現状こちらでやっているバーストではよく組んでおります
この枠を一歩後ろに引いて22咲良などの中衛と合わせても、やり方が変わるだけで問題はありません
とにかく最初に全てを決めるくらいの気持ちでやることは念頭に組んでやるべきです

ヒールベースとですが、しづねの中では比較的組みやすい部類だと思いますが、18も同じくらい組みやすいのでそこは好みとなります
特別な目的なくしづねを組むなら18、ある程度目的持って採用するなら15で大体決まってくる気はしてますね

書くこともっと色々ありそうですが、だいぶ長文になりましたのでここまでにします
(書きたかっただけ過ぎて解説めっちゃさらーっとしてるなーなんて…もうちょい追求してよかったかも…)

需要の程は知りませんが、それでは!
更新日時:2018/04/11 08:01
(作成日時:2018/04/11 07:56)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア