1377

銀帯に居続けて思うこと

by
せんぺい
せんぺい
初めまして、せんぺいです。


この記事は3で銀帯に上がってから約1年経つ自分が

野良をするときに考えていることやよく思うことなどをまとめます。


主観が大きくデータに基づいた分析等はありませんので鵜呑みにしないでください。



目次

1. メインカ銀でも結局はまだ初心者

2. サブカ銀の人たち

3. 自分はこうやって勝っている(ストライカー前衛視点)



1. メインカ銀でも結局はまだ初心者
自分も銀の人間なので偉そうなことは言えませんが。

大体メインカかサブカかはマッチングの時の称号とコメントで判別することができます(システムの解説は省略)。

ですが、それよりもわかりやすい初心者の特徴があります。

それは何か

ずばり 着地を見せる ことです。

ストライカーに乗ってる身としては

着地を見せてくれる敵は美味しい美味しいカモです。

ハンマーを確実に当てることができます。(*´ч`*)オイチイ

着地を見せてしまうとそれだけ被弾する可能性がぐっと上がります。

だからこそ、着地一つで初心者・脱初心者の違いが出てくるのです。


まとめ

着地は敵の見えないところでしよう





2. サブカ銀の人たち

正直に自分が思ってることを言います。

サブカサブカって騒ぐほど強くない

もちろん上手い人もいます(つい先日はサブカスナイパーにストで10:0付けられました)。
個人的にはサブカリカルドが一番嫌いです。よく後ろ3枚をリカルド1枚で壊滅させられてます。

でも、ガンストΣにおいて 一人で無双 って実際できないです。

4人相手に1人で完全勝利なんて無理です。

では何にやられるのか

ほとんど タイマンハメ です。

自分の目の前の敵にしか意識を向けることができない人の多い銀だからこそ決まる技とも言えるでしょう。

粘着されてるからといって同じ罠にかかるのは愚の骨頂です。

素直に味方のところに移動した方がまだマシです(助けてくれるとは言ってません)。


まとめ

自分より上手いと確信したら立ち向かわずに逃げろ



3. 自分はこうやって勝っている

最後に辛くも銀で勝率5割超えキープを続けている自分なりの勝ちに対するこだわりをまとめます。

ここでは2-4回収を前提としています。

自分が試合中に一番大事にしていることは

1フレームでも早く2枚目(≒ラスキル)を落とす ことに専念する

これは前衛WPのストだからこそ行えることでもあります。
準前衛以降は少し難しいと思います。

ハンマーは即ダウンで敵の動きを止めるという大きな役割がありますが、

単発150超のダメを叩き出す火力武器でもあります。

ハンマー1発=おおよそ耐久1/4~1/3です。

敵もしっかりカットしてくるので思うようにハンマーを当て続けることはなかなかできませんが

2発当たれば大体回収しやすい耐久まで減らすことができます。

そうすると味方の意識を誘導して素早い1・2枚目の回収を促すことができます。
だってミリだもん。

あとは

リスタしてきた1,2枚目にハンマーを入れて削る

もしくは

4枚回収で終わる局面で耐久が多い敵をハンマーで素早く削る

これをやることで味方の意識を回収に向けさせることができ、スムーズな2-4回収が行えます。


要は 試合の流れを作って味方を動かす ことが一番の勝利への近道だと思います。
だって野良じゃ連携取れないんだもん、じゃあ操っちゃおうね。

削らなくていい敵を削ったって勝ちには近づきません。

見るべき敵・回収するべき敵を明確にし続けることで味方の無駄を省くことができるのではないでしょうか。

ポジション・WPによって立ち回りというのは変わりますが、

コスト10000を削りきれば勝ちという大前提を忘れなければ

きっと面白いくらい勝てるようになるはずです。



最後に


昨今、ミカタガーの声は絶えることがありません。

しかし自分はいつもこう考えています。

味方の動きが悪かったと思えるぐらいあなたはPSがあるんだから味方をひっぱってあげればいいじゃない、と。

最後にやった試合を振り返ってみてください。

味方を意識した立ち回りはできましたか?1人で4人に立ち向かうガンストやってませんか?



ガンスリンガーストラトスは4:4の対戦ゲームです。


ここまで読んでいただきありがとうございました。
更新日時:2017/05/17 15:39
(作成日時:2017/05/17 15:39)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア