672

17ウォーリアプレイガイド

by
セロンゴ
セロンゴ
12/27追記:週間閲覧5位ありがとうございます。攻略タグを追加しました。足し算の間違いや誤字をちょこっと直しました。
      twitterアカウントもよろしくお願いします。→@celo_dusk


はじめまして。私の名前はセロといいます。
ガンストは無印稼働初期からのプレイヤーです。GSリーガーとか懐かしいですよね。
無印はレミー→しづね→茉莉とメインキャラを乗り換えていましたが、2以降~現在にかけては羅漢堂旭をメインに遊んでいます。

今回は17ウォーリアについてのプレイガイドを書きます。
このプレイガイドを読んでも圧倒的に勝てる!とはならないと思いますが、羅漢堂旭メインの方もそうでない方も読んでいただければ幸いです。

まずは簡単に、17ウォーリアの長所と短所を見てみましょう。

■長所と短所
・長所
1.指向性シールド+鉄球ハンマーガン+フルオートショットガンの組み合わせ
   接近戦において無類の強さを発揮します。
  (11/15 Ver2.30で指向性シールドの防御範囲が拡大しました)

2.全キャラ中最高レベルの空中ダッシュ最高速度を活かした機動力
 ウォーリアというより本体性能のなせる技です。
 移動方法が特殊なキャラを除き、追いきれない相手はほとんどいません。

・短所
1.接近しないと火力が出ない
 長所の裏返しです。
 17ウォーリアの火力はハンマーとフルオートショットガンに依存しているので、これらの射程範囲内に敵を捉えられないと火力を出すことができません。

2.盾が脆い
 17ウォーリアは指向性シールドlv4を所持していますが、残念ながら耐久力は高くありません。
 何も考えなしに盾を展開すると、一瞬で割られてしまいます。相手を選んで盾を使いましょう。

18ストライカーとの比較
 2落ち前衛として人気の高い17ウォーリアですが、ライバルの18ストライカーとの比較を見てみましょう。

・ライン維持のしやすさはストライカー有利
 また本体性能の話になってしまいますが、17ウォーリア耐久480に対し18ストライカー耐久660と180差があります。これはワンダウンほどの差です。
 ハープーンガンやボーラランチャーといった妨害系武装についても、ウォーリアは1発で妨害・拘束されてしまいますがストライカーは1発なら耐えることができます。

・狙う相手や戦略の選びやすさはウォーリア有利
 
指向性シールドを所持していること、全キャラ中最高レベルの空中ダッシュ最高速度を持つことから、ウォーリアは狙う相手を選べることに分があります。
 敵陣深くにいるオルガ、リューシャ、久美といった遠距離系の相手を攻撃しに行くのもいいですし、相手前衛を押し返すことに専念するのもいいでしょう。
 もし18ストライカーと17ウォーリアが殴り合う場合、両者ともハンマーを当て続けた場合は耐久面でストライカー側のほうが有利です。他を狙いましょう。

■マッチアップ
ここまでストライカーとの比較について見てきました。
ここからは誰に対して有利で誰に対して不利なの?といったところを見ていきます。
全キャラ全WP書くと大変なので、有利キャラと不利キャラ3人ずつピックアップします。
今回出なかったマッチアップは?と思う方もいらっしゃると思いますが、対サムライは無理とだけ覚えてください。
他はなんとかなりますが、今後需要があれば詳しく書きます。

・17ウォーリアが有利な相手
 
対シールドダメージの高い武装やグレネードなど爆発武器を持たず、耐久および機動力が低い相手が狙い目です。

 1.リューシャ
  タクティクスが自衛に使うビームガン、ビームロッドガン、ビームマシンガンですが、これらは対シールドダメージが低く余裕で耐えることができます。
  また21タクティクスの指向性シールドもハンマーで割ることができます。
  格闘以外で反撃を受けることはほとんど無く、圧倒的に有利な展開を作れるでしょう。
  リカバリー系についてはレーザー武装で盾を割ってくる上に射程もそこそこあるので、タクティクスよりやりにくいです。
  
 2.オルガ
  有利な点はリューシャとほとんど同じなので割愛します。
  警戒すべきは19スナイパーと17スキーマーが持つハンドグレネードと、シャープシューター系が持つインパクトガンです。
  どちらも被弾するとダウンは免れないので、立ち位置に気を配りましょう。

   3.リカルド
  24インファイターや25オンスロートは是非とも狙いたい相手です。仮に大ダメージを受けても2落ち枠なら被害は最小限に抑えられます。
  アドバンスシールドに対してハンマーは完全に止まってしまいますが、スタンボムランチャーの爆風までは止まりません、狙っていきましょう。
  リカルド自身の耐久も低水準であることから、ハンマーの直当てを狙うよりスタンボムランチャーからのハンマーを確実に決めるほうがいいです。
   耐久の観点でどのWPも基本的に有利な相手ですが、18オンスロートのプラズマガン、23インファイターの燃焼は要注意。

・17ウォーリアが不利な相手
 燃焼や吹き飛ばしといった行動阻害、キャラ固有の動作で特殊な移動をする相手を苦手とします。
 弾幕バラマキ系の相手は的が大きく盾も脆い17ウォーリアには苦しい相手です。
 申し訳ないが1発で割れない・割れてもよろけない盾もNG。

 1.アルゴー
  スカイサーファーは射程・機動力ともに歯が立ちません。基本的に滞空しているのでスタンボムを当てるのも難しいです。
  エアレイダーはフルオートショットガンでの反撃チャンスがありますが、ウォーリアより優先して狙う相手がいくらでもいるので相手してくれません。

 2.アレックス
  生身でありながら、ジョナサンと同等のスーパーアーマーを持っています。ハンマーも2発入ります。
  クラッシャーの持つチャージドリルガンは盾で受けきることができず、被弾してしまえばダウンせざるを得ません。
  さらにワイヤーフックガンはビームロッドガンのような挙動で行動範囲を制限してきます。移動範囲を制限されてしまうので絶対に避けましょう。
  バトルシップが持つ小型キャノン砲は、キャノン砲同様強烈な吹き飛ばし性能があります。火力も高い。
  見晴らしのいいところでヘビーガトリングガン(+エリアシールド)を構えられると単騎ではどうしようもないので味方の援護を待ちましょう。

 3.アカネ
  デストロイヤー系は下格闘(愚民ジャンプ)で一気に戦線を離脱し、長射程の武器で味方後衛を滅ぼそうとしてきます。
  自衛手段もヘビーマシンガン、ハンドグレネード、任意起爆グレネードと豊富で詰めにくい相手です。
  ブレイカー系は特筆するほど難しくはありませんが、パイルバンカーによる吹き飛ばしに警戒してください。

  マッチアップについて、鏡磨、水影、咲良といったWP次第で有利にも不利にもなる相手は避けました。


■最後に

2落ち前衛は1落ちにくらべてやることが多く、狙う相手は「有利だが遠い相手」より「有利ではないが近い相手」になることがほとんどです。
どちらが正解といったものは無いので、各自のプレイスタイルや感性、あるいは腕の見せ所でもあります。
まずは気楽にウォーリアに触ってみて、自分にあったプレイスタイルを探してみてください。

それでは、よいウォーリアライフを。
 
更新日時:2017/12/27 05:41
(作成日時:2017/12/24 17:21)
コメント( 2 )
ゲンブ
ゲンブ
2017年12月25日 11時11分

ウォーリアをうまく使いきれてなかったので、とても参考になりました。

バケツ兄弟
バケツ兄弟
2017年12月25日 12時18分

ストライカーとの比較も分かりやすく、参考になります。
攻略タグをつけて下さると後々でも目にとまりやすいかと思います。

コメントするにはログインが必要です
シェア