387

アサシンソードの当て方/避け方

by
ピュラ・ニコス
ピュラ・ニコス
アサシンソードについて。
きっとプラチナ以上のプレイヤーには当たり前のことを、経験則で学んでいることを、そういえば文面で見たことが無かったので列挙してみようと。
なお筆者は21アサシン以外のしづねのWPが、というかアサソLv.6以外があまりお上手ではありません。
ついでに人様が読む文を書くこともお上手とは言えません。

・自由落下(垂直上昇)する敵を追って上(下)から撃つと、着地orステップするまで当たらない
偏差撃ちが必要なことはどこにでも書かれていますし、それに準じたことですが。
勿論狙いが正確無比ならちゃんと当たりますが、上下へのカメラ追従の都合で当てられないことが多いです。
逆に言うならば、追いかけてアサソを振れば弾の続く限り相手の動きを制限できますが、アサソでなければダウン取れてる場面で、弾数も盛大に消費するのでオススメしません。他の武器撃つか諦めましょう。
Lv.4では弾切れに反撃、Lv.5では間隔の合間にステップと、それぞれリスクもついてきます。
繰り返すと敵から猪認定され、マークされるかもしれません。

・逃げる敵より追ってくる敵の方が当てやすい
アサソに限らず、弾速の遅い弾全てに当てはまります。
アサシン同士の対面だと非常に分かりやすく体感できると思います。
ある程度初速か最高速のあるキャラであれば、アサソの射程30mのうち15mも離れていれば斜めに後ろブー→蛇行するだけで、プラチナでも9割のアサソが避けられます。
自分が追う側であれば、相手が蛇行して逃げ始めたら、よほど偏差撃ちに自信があるのでなければアサソを諦めるべきです。というかタンデムのが10倍楽です。
自分が追われる立場であれば、斜め後ろに下がりながらアサソを撒けばチョロいです。もし撃ち負けたら蛇行のテンポを変えましょう。
アサシン同士の対面は試合では非常に多いです。
引き撃ちが圧倒的に強いことを知らないしづねは、同じ武器を振り合ってるのに負け濃厚な出来レースをやらされてる場合があります。
応戦する場合は、決して前に出ずに敵の着地までアサソで牽制しましょう。

・ラスキルの時こそアサソに頼れ
引き撃ちが強い。これが周知であってもアサシンが執拗に追われる時があります。ラスキルです。
敵味方に落ち枠無し、味方は満タンなのに自分だけ半分。味方の頑張りで追ってくる敵はアサシン1人。内心ほくそ笑みます。
(勝ったな)と。自分は逃げることを念頭にアサソ引き撃ち。敵アサシンは2ダウンして耐久が並びます。
すると、背中側が安全なラスキル(自分)と、前と後ろに敵がいるラスキル(敵アサシン)って略図の出来上がり。
割れない盾や長射程以外なんとかなります。

今回は、というか私が書けるのはここまで。
アサシンで殺したい人は、離れてく敵狙わずに引き撃ちしましょ。
アサシン殺したい人は追わずに高飛びしましょ。
ってだけの話でした。
いいラスキルライフを。
更新日時:2017/11/25 03:02
(作成日時:2017/11/25 03:02)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア