1180

キャラクター別性能評価メモその2

by
う~にん
う~にん
色々調べて見つけたものをまとめてみたもの。
初心者の方でメインキャラクターを決めかねていたり、初心者以外の方でも使用キャラ以外の概要を知りたいという時の参考になれば幸いです。

※熟練度分け
初心者(★1~2):操作やAIMがおぼつかないくらい。

中級者(★3):操作の基本は理解していて、グレネード等の特殊な挙動をする武器も扱えるが、チーム全体の事を意識する余裕はまだ無い。

上級者(★4~):操作はばっちりな上で、チーム戦を意識した動きを実践できる。対処すべき相手や位置取り、体力調整など、自分と目の前の敵以外も考えられること。


【アーロン・バロウズ(★★☆☆☆)】
職業軍人。「グレイハウンド」のコードネームで知られており、軍関係者では知らない者はいないとまで言われている。また、世界各地の武闘家の下で技を学んでおり、真加部のもとで修行していたこともある。しかし、数多の戦場で多くの惨劇を見てきたこと、実働隊長を務めた第1次時空越境作戦においては自部隊が自身を除いて全滅していることなど辛い経験も多く悲しみと苦悩を抱える戦士でもある。

大人版風澄といった性能で、体格が若干大きく被弾しやすいが腕力や機動力などはどれも平均以上。プラズマガンやビームライフルの1発で大きなリターンを取りやすいため、単発武器を当てられるAIM力があれば風澄より簡単。どんなマッチングをしても足りない部分を埋められるし、各特化キャラへの前練習に使えるかもしれない。ただし、特にソルジャー系でビーム兵器が多く、実弾兵器と比べて弾速、連射間隔が遅い、距離減衰がある、盾により一層弱いといった特徴がある。
初心者よりの中級者向け。また、特殊な武器の練習にも有用かも。


【レミー・オードナー(★★★☆☆)】
本ゲームのストーリーの全ての事の発端にいる少年。年不相応の残虐非道な言動が目立つが、元々先天的に超能力を持っていた点を除けばごく普通の大人しい子だった。しかし、その超能力が原因で誤って両親を殺してしまう。その後、超能力に目をつけたブライアン・オードナー博士が養子に取り、彼に対して非人道的な実験を行った結果、現在の様相になってしまった。時空越境作戦発令の要因となった「2つの世界の衝突」は博士とレミーが起こしたもの。

ブースト回数、滞空性能はトップクラスの性能だが、慣性ののったふわふわした移動感覚は若干の慣れを要する。体力は高くないため、ブーストゲージの持ちを活かして攻撃を躱し、上空から一方的に攻撃できるように立ち回る必要がある。
遠距離からロックオン武器でじわじわと継続的にダメージを稼いでいくジェノサイダー系、1発の破壊力を期待していくことが多く、WPによっては準前衛としても戦うタイラント系、中距離からライフル系武器で精密に敵を撃ち抜いていくヴィンディケイター系と、三者三様に極端で、戦闘スタイルがガラリと変わる。
更にレミー独自の武装が多く、扱いにも慣れを要する。
やや上級者向け。独自性能が多く前練習になるキャラは少ない。


【ξ988(★☆☆☆☆)】
読み方は「クシー」。レミーの(戸籍上の)父親であるブライアン・オードナー博士が開発したレミーの護衛兼監視用アンドロイド。人間の直感力とコンピュータの演算能力の両方を兼ね備えた人工知能を搭載したが、副産物として感情(博士曰く、重大なバグ)を得たために失敗作とみなされている。ξ988の名前の由来はξ(9番目のプロジェクト)と、人工知能とヒトニュートラルネットとの近似率が98.8%であることに端を発する。研究所内を歩き回っていたレミーがメモを発見、それをそのまま呼んだ結果自らの名前と認識したようだ。

本ゲームの女性キャラクターが軒並み大きな癖を持つ中で、比較的扱いやすい武装を数多く持つキャラ。機動面も優秀で、トップクラスの最終速度と長距離移動力が持ち味。固有能力として、サブトリガー機能の無いものにはサイドにクシーバルカン、タンデムにクシーグレネードがサブトリガーとして付く。
標準型WPには命中させやすい装備が多くて扱いやすいし、他WPには他キャラの所有率が高い武器が幅広く揃い、後々他のキャラを使うにあたっての練習になる。
狙撃型以外のセンチネルMk-Ⅱ系は前衛~準前衛を担えて、狙撃型センチネルMk-Ⅱとリコン改系は中~遠距離で戦え、マッチングに合わせて幅広く対応できるのも利点。
ただし、追跡型988式レーザー砲やロックオンミサイルといった撃てば遠くから簡単に命中する武器があってつい頼りたくなってしまうのが罠。これらの武器は撃っている間無防備になったり、撃つために自分が下がっていればその分味方に負担がかかっていたりとデメリットも多いことを理解していないと地雷プレイヤーと呼ばれることになる。
初心者向けだが注意事項アリ、といったところ。


【草陰稜(★★★★☆)】
元々中性的な顔立ちを「女みたい」と言われたことで顔を晒すことにコンプレックスを抱き、なるべく顔を隠せるような格好を追求した結果、何をどう間違ったか忍者のようなファッションに。更に、弱い自分を変えたくて真加部主水の元に弟子入り。力を身につけたが、その過程で今のような激しい忍者キャラが定着。しかし、そんな痛い激しいキャラクターも戦闘の中にあればの話。普段がおどおどした性格なのはなかなか変わっていない。ただ、性格に反して身体能力は非常に高く、確かな武術のセンスを持つ。

瞬発的な素早さに秀でた移動性能を活かし、スタンやボーラでの妨害、妨害からの格闘、マグナム等での奪ダウン、ショットガンの接射といった近距離火力を実現していくキャラ。味方の方が火力がある場合、妨害後は放置して味方に任せた方が良い場合も。
高機動キャラの例に漏れず低耐久で盾も無く、ステルス装置使用中は被ダメージが多くなりと撃たれ弱くなりがち。盾を持った相手との撃ち合いも苦手。
素早い動きを回避、防御に活かせるかを求められるテクニカルキャラで、中~上級者向け。
師匠である真加部はマグナムでの奪ダウンや妨害武器からの格闘という流れが共通していて、機動力を取るか火力耐久力を取るかといったところ。高機動キャラのしづねとリカルドもやや似ているので行き詰ったら使ってみると得られるものがあるかも。


【真加部主水(★★★☆☆)】
古武術を身に修めた達人。かつてその異常なまでの強さにより悪鬼羅刹の異名で恐れられた存在であったが、年を重ねたためか今ではかつての伝説ほど恐ろしい雰囲気は感じさせないようになった。しかしその強さは健在であり、老いてなお磨かれる拳は人智を超えた破壊力を持つ。山奥に道場を構え、ごく少数の弟子をとりつつ自給自足の隠居生活を送っていた。かつてアーロンに技を伝授し、今では稜を一番弟子と認めている。越境作戦が始まってからは徹や鏡磨達にも稽古をつけてやっている。稽古は歴戦のアーロンが引くレベルで厳しいが、普段は温厚で弟子の成長を嬉しく思っている。アーロンに若き頃の自分の面影を見ており、かつて彼のように様々な武術を学び取り入れていた。竜胆流までかじっていたのだとか。

格闘暫定最強候補。クリーンヒットさせられれば相手によっては撃破圏内まで減らせるし、下格闘は破壊不可能の盾を張りながらの格闘で対処法がかなり限られる。
格闘へつなぐ為の妨害武器を撃つだけでなく、バトルマスター系は1発の威力が高い武装を多く持つため、格闘を狙っても狙わなくても期待できる火力は非常に高い。
他キャラに比べてよろけにくく、接近戦は挑みやすいが、大きめの体格、盾が無い、対盾への有効な手段が少ない事から撃ち合いは割と苦手。有利キャラを狙う、味方に気を取られているところを突くといった立ち回りの判断が求められる。
いずれのWPも連射武器はほとんど無く、単発の武器か爆発武器が中心となるためAIM力や空間把握力も必要。中級者向け。


【羅漢堂旭(★★★☆☆)】
廃墟の街を統括するチーム「大蛮道一家」のリーダーで、彼らは古式ゆかしいバンカラ文化の継承者でもある。荒くれ者の集団ではあるが、「カタギの者達には手を出さない」という絶対的な不文律のために、どちらの世界でも一般人にとっては実に無害な存在。舎弟が道端の喧嘩でアーロンに負けたことを聞き、その「落とし前をつけさせる」としてアーロンを追い回していたが、その結果紆余曲折の末にタイムリープ装置の転送に巻き込まれ、時間跳躍ができる事が判明。そのまま第二次作戦でのエージェントに選出される。アーロンを「ぶん殴る」ために未だに追いかけ続けている。物事を深く考えることが苦手で、故に彼の原動力は気合と根性。それだけならまだいいのだが、その気合と根性がとうとう武器に影響を与え始め、中には気合を注入しただとか、汗が染み込んだとかの常識の通じない方法で強化された武器も。

ダッシュの最高速度は最速、しかし小回りは最低。固有能力として、射撃中のみダウンする量または吹き飛ぶ攻撃を食らわない限りひるまない弱スーパーアーマーを持つ。
ガトリングガンなどを中心に中距離からダメージを稼いでチャンスにプラズマ波動砲、というヘビーガンナー系と、盾を頼りに敵陣へ突っ込み近距離武装で荒し回るウォーリア系とで使用感が別キャラレベルで変わってくる。何かと独特な使用感に慣れる必要はあるが、適正距離でのポテンシャルは高く、前衛適正も高いので少し慣れるとその強さを感じやすい。
体格が大きく被弾しやすいので撃ち合い時は注意。高耐久と弱スーパーアーマーはあくまで保険程度に、地形や盾を活かそう。
初心者よりの中級者向け。


その2はここまで。その3へ続く。~
更新日時:2017/08/28 02:43
(作成日時:2017/01/20 22:29)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア