1301

水影ちゃん入門「ウェイブ追撃について」

by
格安マグロ
格安マグロ
銃を撃ち合うゲームでてっぽう!とドヤっていた鉄砲型サムライが大幅に下方修正されました。
正直厳しい話ですが、開き直って頑張りましょうということで初心者用に水影ちゃんの格闘について書いてみようかなと。

ちなみに私は2で水影ちゃん実装直後からサムライばかり乗っていた傍迷惑な存在なので水影というよりサムライですね。
なので格闘倍率1.2倍でのお話です。

どのWPもダメージを取りに行く場合はウェイブを当てるところから始まります。
ですからここからの選択肢を先ずは習得しましょう。

→ウェイブ
手早く100程度のダメージ。(25サムライは120程度)
格闘間合いに入れない時、格闘を振る時間的な猶予がない時に。
ダメージを取りに行くというよりは脱ダウンによる捌きといった意味合いですね。

→N格闘
アプデで多少当たりやすくなった気がします。
使う場面では振れる性能になりました。(体感ですが)
発生が早いため離れた間合いのウェイブでも当たりやすいですが、上下には判定が薄いです。(敵との高度がズレてる時には要注意)
少ない隙で170程度のダメージ。(25サムライなら180程度)
格闘後の隙が少ないので、素早く次の一手を打ちたい時に。
当てると相手は浮きますが補正が非常に強いためダメージは伸びません。
ウェイブ→N格→N格やウェイブ→N格→左格という選択肢もありますが、敢えてやる意味は薄いでしょう。
そのまま移動、ウェイブかブラスターによる手早い追撃、スタンラインから放置といった選択肢で十分です。
隙が少ないという利点を活かす使い方をしましょう。
ちなみにウェイブ→N格→左格という選択肢はウェイブ→右格→ウェイブ追撃と同程度のダメージですし、ウェイブ→上格→ブラスターとも同程度です。
(右ダウン追撃<N追撃<上ブラスター<右空中追撃の順)
カットがこない状況では別の選択肢の方が良いでしょう。

→右格
基本ですね。
手早くまとまったダメージを出せます。
190弱のダメージにダウン追撃で200弱まで伸ばせます。(25サムライなら200→210程度)
右格自体の追尾が弱いため、ウェイブが遠目で当たった時は間に合わないことがあります。
主に近距離での軸ですね。
右格のダメージが入ってからカットされる流れになると、敵と添い寝から起き上がりウェイブ格闘で非常に強力な回収手段が取れます。
時間的なダメージ効率では非常に優秀です。
加えて単発なのでダウン追撃でもそこそこのダメージを出せます。
敵を回収し切れる時は右格でのダウン追撃を頭の片隅に置いておくと役に立つ機会もあると思います。

→左格
気分転換に振るといつもと違ったモーションで気持ちを切り替えることができます。
190強のダメージで、右格と右格追撃の間といったダメージです。
追尾が非常に優秀なので、ギリギリの間合いでもウェイブから先行入力気味に出すことで間に合うことが多いです。
N格でも同様ですが、N格よりは上下に判定が強いです。
代走の切り札ぐらいの立ち位置ととらえてください。

→上格
欲望のままにダメージを追求する時に振ります。
上格自体のダメージがN格を上回るため、非常に高いダメージを出せます。
追撃はブラスター、N格、右格、左格、スタンライン→下格の順でダメージが上がり、大半のキャラを2セットで回収できる大ダメージです。
(追撃にブーストを必要としないブラスター追撃でも他の格闘よりダメージは大きいです)
発生は遅いですが、上格自体の判定が非常に強力なため拾える場面は多いです。
ただしモーション自体は長く、カットされやすい欠点があります。
上格の特徴として、先述した高いダメージと強い補正がありますが、補正は多段ヒットの最終段のみにあります。
上格フィニッシュ部分のダメージは18
つまり、フィニッシュ直前に覚醒で打ち切ると追撃に非常に高いダメージを出せます。
ウェイブ→上格→覚醒→格闘(N、右、左、下)ではウェイブ格闘に上格分のダメージをそのままのせられます。
覚醒のタイミング次第で上格初段の60から126まで上乗せ分が変わります。
クロスリンク優先で良いと思いますが、どうしてもダメージを出さなければいけない場面では最後の望みを賭けた逆転の一手として覚えて損はないでしょう。
ちなみに上格→覚醒→上格→右格(左格)というコンボもできます。
350を超える大ダメージですが、非常に長いモーションのため通常まずカットされます。
盾を割った硬直に上格から入れる場面自体はあるので、頭の片隅にあると勝利の女神に対して式場で掻っ攫うレベルのアピールができることもあるでしょう。
25サムライは特殊なウェイブなので、上格→覚醒→ウェイブ→下格で同程度のダメージが出ます。
こちらは多段ヒットによる段階的な根性補正の増加がおきないため、非常に回収し切れる場面が多いことも特徴です。
豆知識程度ですが、上格はフィニッシュ以外補正がないということは、ウェイブ→上格のモーション中に味方の攻撃が当たると大ダメージです。
ただしダウン値はかなり蓄積されているため単発系の攻撃のみですが。
ウェイブ→上格の初段が当たった時点で、単発100程度の攻撃でもウェイブ→右格に匹敵するダメージになります。
上昇するモーション中に当てるのは難しいですが、格闘なら意識しておく程度で当たるので、単発高火力格闘を持っているキャラと水影ちゃんで2VS1になった場面では、水影ちゃんはウェイブ上格を選択、味方はウェイブ格闘が見えたら単発格闘で手早く瀕死レベルのダメージが出ます。
(補正付きおじいちゃんなら300程度はいきますよ)
まぁそんな時があったら程度に。

→下格
ある程度の高度が敵にあると当たります。
210程度のダメージ。(25サムライなら230程度)
ウェイブ→上格追撃が実装された以上、純粋なダメージ追求としては選択肢に入りませんが、段階的な根性補正の上昇がないため、そのまま回収し切れる場面も多いことは利点です。
上格追撃よりはモーションも短いです(よね?)。

→スタンライン
離れた敵にウェイブが当たった際に、落下にスタンラインを当てることで拾い直しができます。
ここからは手早くダメージを出したいなら右格、さらに大ダメージが欲しいなら下格、乾坤一擲の上格→右格が入ります。
加えて、味方にスナイパー系やキャノン等遠距離高火力な武装があれば、回収してもらうことで格闘時の隙を晒さずに済むため、ウェイブ→スタンラインで放置する手もあります。
また、高度の高い敵にウェイブを当てると、落下時の速度が速く格闘がスカりやすくなりますが、スタンラインを挟むことで安定した追撃ができます。

→ブラスター
ウェイブを当てたもののブーストがなく、格闘間合いに入れない時に使うとウェイブ→ウェイブよりもダメージを伸ばせる上にウェイブの弾数も節約できます。
120程度のダメージ。(25サムライなら130程度)
また、スタンラインでも述べた様に、高度の高い相手にウェイブを当てた際の安定した追撃としても使えます。

以上です。
コンボは難易度含めた実用性重視で紹介しました。
ダメージ計測はガバガバです。
細かい数値が知りたければトレモしてください。
ではでは
更新日時:2017/11/12 00:02
(作成日時:2017/10/27 10:38)
コメント( 3 )
あーけん
あーけん
2017年10月30日 2時37分

恐怖のタナカ出現

格安マグロ
格安マグロ
2017年10月30日 3時0分

小さなボートの様な内容

シーボル
シーボル
2017年10月30日 16時2分

17ヴァンガのようなタナカ

コメントするにはログインが必要です
シェア