1080

キャラクター別性能評価メモその1

by
う~にん
う~にん
色々調べて見つけたものをまとめてみたもの。
初心者の方でメインキャラクターを決めかねていたり、初心者以外の方でも使用キャラ以外の概要を知りたいという時の参考になれば幸いです。

※熟練度分け
初心者(★1~2):操作やAIMがおぼつかないくらい。

中級者(★3):操作の基本は理解していて、グレネード等の特殊な挙動をする武器も扱えるが、チーム全体の事を意識する余裕はまだ無い。

上級者(★4~):操作はばっちりな上で、チーム戦を意識した動きを実践できる。対処すべき相手や位置取り、体力調整など、自分と目の前の敵以外も考えられること。


【風澄徹(★☆☆☆☆)】
本ゲームの主人公。仲間思いで責任感の強い好青年。鏡華からは(重い)愛を受け、鏡磨からは一方的にライバル視され、旭からは勝手に喧嘩友達にされ、しづねとレミーからは逆恨みを買う。何かと苦労が絶えないが、「自分の生まれた世界を守るため」戦う。

主人公らしく素直な武装。どの距離にも対応できるようなWPもあり、移動性能も標準的で、彼に慣れれば大体の他キャラに応用できる。しかし特化した面が無いためごり押しはできす、プレイヤーの腕がはっきり反映されるため、活躍するのには熟練が必要。良く言えば万能、悪く言えば中途半端。
練習台には最適で初心者にもおすすめできるが、勝とうと考えた場合は中~上級者向け。


【片桐鏡磨(★★☆☆☆)】
徹のライバル、そして鏡華の兄。プレイヤー達による通称も「兄貴」。後述の固有能力によりガラの悪さと暑苦しさに一層磨きがかかっている。「マイ・スウィート・シスタァァァァ!!」とか言うくらい鏡華を溺愛している。

移動性能を下げ火力を上げたパワーファイター。固有能力として体力減少時の攻撃力上昇値が他キャラより高い。防御面は少し高めの体力と盾があるが、足回りの悪さがネックとなり、いかに攻撃性能の高さで補っていくかが重要。武装には精密なAIM力が必要な単発武器や空間把握力が必要なグレネード系などがあり、慣れが必要。
遅めの移動は操作側としては頭がついていきやすく、1落ちも2落ちもこなせる、タイマンでも戦えるなど立ち回りやすい。操作に慣れてしまえばある程度柔軟に対応でき、色んな役割を演じられるため、操作に慣れた次段階、チームでの立ち回りを覚えるのにいいかも。やや初心者よりの中級者向け。


【片桐鏡華(★★★★☆)】
本ゲームのヒロインにして自称徹のパートナー。鏡磨の妹で、兄に対しては卵を投げたり蹴り飛ばしたりと、過激な兄妹愛で接している。

回復能力が最大の魅力の、WP名にもある通りヒーラー。このキャラの回復の特徴は、瞬間回復量の多さ。
自分の体力を削る副作用があるため味方の体力とバランスを取らなければならず、落ちる回数の交換など重要な判断も要され、闇雲に回復をするのもダメ、しないのもダメ。誰を回復するべきかの判断だけでも難しいのに、敵の事も当然気にしなければならずと、とにかく戦況の見極め力を要求される。
回復武装をオミットしたヒールベースの方も支援に適した武装が多く、チームとの連携を要する、超上級者向け。
攻撃武装は風澄、鏡磨、草陰から少しずつ借りているようなラインナップなので、この3人に慣れているとステップアップしやすいかも。


【竜胆しづね(★★★★☆)】
片桐家に仕えるメイドにして、暗殺一家「竜胆家」の末裔。可憐なメイドを装っているが、本性は冷酷かつ残忍。主人である鏡磨に心酔しているが、当の本人は妹を溺愛しているため、頼れる使用人としてしか見られていないことにやきもきしていたりする。

総合的な機動力はトップクラス。ステップ移動や持続飛行、滞空時間など、どの分野でもトップ集団にいる。ただし、どの分野でも上には上がいるため、追いかけっこで勝てる相手か、着地をどちらが先にするかといった機動力勝負で勝てる相手は見極めたい。
また、腕力が低く重い武器を構えた際は極端に機動力が落ちるため、可能な限りサイド、タンデムスタイルでの移動は避けよう。主に素早さを活かしての闇討ちやヒットアンドアウェイを繰り返すことになる。
火炎系、グレネード系など癖のある武装が多様に揃っているため、それぞれを使いこなす必要があり、どのWPも体力が低く優れた機動力を回避や逃走に使えないと簡単に倒される。
攻め時や引き際、逃げ方など分かるようになった上級者向け。同じく高機動キャラの草陰と似た点が多い。どちらも扱いは難しめだが、行き詰った時に使ってみると何か見えるかも。


【ジョナサン・サイズモア(★★☆☆☆)】
エージェント及び武器メンテナンスも担当する天才少年。使用しているバトルスーツ「パンタグリュエル(通称パグ)」は、いじめにより足を痛めた時に発明した動力サポーターをヒントに発明したもの。足の完治後も改良に改良を重ねた結果、ああなった。ほぼ全ての武装メンテナンスを引き受け、好青年な正確も相まって他のキャラとの関係は全体的に良好、さらに関わらずフレイヤを操る篠生茉莉に恋心を抱かれている…が、鈍感で気付かず見事にスルーを決めている。

高耐久とスーパーアーマーを活かした前衛最適キャラ。機動力は見た目の割に速めだが、見た目の通り小回りは効かない巡行型。固有能力として、ダウンする量または吹き飛ぶ攻撃を受けるまでひるまないスーパーアーマー、一部を除く拘束武器に耐性を持ち、短時間で2発受けない限り効果が表れない、ダウン中に攻撃を受けた際受けるダメージがより少なくなる、とある。
とりあえず突っ込んで荒らせば良いかと思えば、体格の大きさから被弾しやすく、有利不利の相性が極端に出やすいため無理はできない。無駄な被弾を避けるため、隠れながらの立ち回りは意識したい。
誘導のあるハンマーガンや着弾時小爆発があるプラズマガンなど命中補助はあるが連射が効かない武装がメインとなることが多く、多少AIMに慣れてからの方が良いかも。
ごり押しが可能で初心者でも勝ちやすい。


【オルガ・ジェンテイン(★★★★★)】
実はしづねの姉で、家を出奔中。実名は「竜胆オリカ」。雇われテロリストとして世界各地で破壊工作に携わり裏部隊で暗躍する、フリーの工作員。アルゴーの指示でレミーを誘拐すべく作戦に参加しているが、ξ988の妨害や個人的な理由などにより中々達成できない様子。根っからのドSで、しづねが好きすぎて死闘を繰り広げることを楽しんでいる。

長射程高威力のスナイパーライフルとターレットライフルが唯一にして最大の強み。代わりに他の武装は大半が貧弱なもの。
接近戦や撃ち合いは多くの場合不利となるため、一方的に撃てるポジショニング能力、闇討ち狙いの敵の接近を察知する視野の広さ、味方に負担をかけている分火力を稼ぐための精密なAIM力、どうしてもタイマンを強いられた時に最低限凌ぎきる自衛力など、とにかく色んな能力を高水準で要求される、超上級者向け。
狙撃武器はアーロン、ξ988、九美も持っており、中でもアーロンとξ988は他の武器が扱いやすく、先にどちらかで練習しておくといいかもしれない。
ターレットライフル等の視点変更を伴う武器は、そのためだけの熟練が必要になる。凛のパラサイトショット、リューシャの衛星兵器、ターレットライフルについては、WPの扱いやすさでは凛>リューシャ≒オルガ、武器の扱いやすさでは衛星兵器>ターレットライフル>パラサイトショットくらいになるか。


既に長いので今回はここまでで。その2に続く。~
更新日時:2017/08/28 03:04
(作成日時:2017/01/20 21:11)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア