395

ぶっちゃけ2-4回収じゃなくても良い

by
フグ田 MASオ
フグ田 MASオ
昔は2-4回収は大事だったけど、今はちょっと違う
今一番大事なのは2枚目の回収と自陣にいるパリ回収。つまり2-1-1-1-1でも構わないと言うこと。

そもそも、何故2-4回収と言われていたのか?
それは過去のコスト補正が強力だったため、2枚回収をしたらさっさと落ちてコスト補正をつけてリスタ、パリ放置で体力のある敵を削るという戦法が常套手段であったため。だから自爆可能な高コスト編成が簡単で強かった。

でも今はそのコスト補正もないため、パリ放置するメリットはほとんどない。
むしろ、鏡磨やリカルドの根性火力の方が怖い。あとあれ、リカバリー。最優先で回収すべき(リカバリーのリスタは必ず押さえて置くこと、絶対回復構えるから狙い目)。自陣にパリがいたらリスタに噛みつかれて大事故なんてこともよくある話。
逆に回収さえしてしまえば自陣の安全は確保できて落ち枠消化した味方が安心できるし、落ち枠未消化で敵ラスキルを作りに行く側も安心して前ブー踏める。
前ブー踏んでから自陣の味方がパリに絡まれてるのに気付くと迷いが生じて中途半端な動きになる。そうならない為にもまず自陣のパリを回収しておく。

そうして戦ってると特に日本橋やガオルンに見られる光景、落ち枠未消化の味方が敵陣に押し込んでラスキル作りをしてる時に、敵最後のリスタがこちらのラスキルを作らなきゃ勝てないと焦り真ん中リスタをして来る。
その瞬間、敵陣奥に敵3枚、真ん中1枚となり半孤立状態となってそのまま枚数差で押し返してラスキル終了。最後のリスタの敵がラスキルになるのである。戦ってると思うよ。「こいつでいいや」って。

まとめます。
2枚目の回収は絶対。最速でやれ。
自陣のパリは回収しろ。それが味方のためだ。
2枚目の回収がラスキルじゃないことも十分にある。押し展開を作って臨機応変にラスキルを狙え。

以上。2は拘れ、4は別に拘る必要はないでした。
更新日時:2017/10/01 11:02
(作成日時:2017/10/01 11:02)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア