615

普段意識している事

by
けんじぃ
けんじぃ
お久しぶりです。けんじぃです。

今回は普段ガンストでできるだけ気を付けている心構え的な事を書いて行きます。
あくまで個人的な物なので参考までに。

①常に冷静に
ゲーセンで他の方のプレイ画面を見たりすると、自分よりランクの高いプレイヤーに接近されたり味方がピンチになると焦ってAIMがぶれたり、他の行動が疎かになっているのを見かけます。
これは初心者の方に限らず、それなりに場数をこなしているであろうプラチナ帯以上の方にも散見されます。
焦るとAIM以外にも冷静な判断力も鈍くなる為、勝てる試合を自ら捨ててしまう事にもなりかねません。
某アメリカ軍人が言うように「焦らず、急がず、確実に」です。

②周りを見る
基本的な事ですが、ガンストは4vs4のチーム戦です。
1人でダメージを取り続けた所で、その試合で勝てるとは限りません
味方がどういう状況なのか、相手は何を狙っているのか等を考えながら動きましょう。
ダウン中やリスタ中等の手待ち時は周囲の状況を確認するチャンスです。
手待ち中にチームとして次に自分が取るべき行動を考えるクセを付けましょう。

③敵・味方の編成確認と行動予測
ガンストには様々なWPがあり、得意な距離や行動は様々です。
マッチングが決まった時点で相手がどうしたいのか、味方がどうしたいのかを考えましょう
極端な例で言うと、相手に近距離戦の得意なWPが多い場合、とにかくひたすら攻めてくる事が予想され、それに対して味方が中距離戦が得意なWPが多い場合、距離を取っての射撃戦または、有利な陣地のキープをしながらダメージを取っていく戦い方を狙う事が予想されます。
上記のように、事前にどういった試合の流れになるかを予測できれば、開幕から自分の取るべき行動が見え、相手の行動に先手を打てる可能性もあります
最初の動きがそのまま勝敗に繋がる事もあるので、対戦前にある程度の予測をしておく事はとても重要な事だと思います。
ただし、例に出したのはかなり分かりやすい編成なので予測はしやすいですが、実際は考え方の違いや戦い方の違い等により、予測した通りの試合運びにはならない事もあります。
ボイスチャットが繋がっている場合は味方とある程度動き方の摺合せを行う事は可能ですが、野良等で繋がっていない場合は個人の対応力が試されるので、臨機応変に考え対応しましょう。

今回は技術面や知識面以外の「意識面で個人的に重要視している事」を3つ書かせて頂きました。
今はボイスチャットがあるので、味方との連携等に関連する所については書くか迷いましたが、繋がっていない場合もあるので記事に織り込みました。
質問・意見・要望等はコメントにてお願いします。

今後も何か思いついた時に暇であれば投稿していくと思います。
それではここまで見て頂き、ありがとうございました。
更新日時:2017/07/07 16:43
(作成日時:2017/07/07 16:43)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア