415

暴れ馬を乗りこなそう!~天堂寺セイラWP解説~

by
ゆるきゃらあおっしー
ゆるきゃらあおっしー
はーーーーオルガ楽し

さ、前回いいね!の数が10を超えたので第2回を始めるぞー。
前回はセイラの本体性能と格闘性能について説明したので今回はWPの解説だ。

セイラのWP名称別解説

まずは名称ごとの特徴から解説していこう。

ヴァルキリー(ヴァル)
ライトマグナム(以下ライマグ)やマシンガンそしてホーミングミサイル(以下ホミサ)を基本とした中距離パックシリーズ。
主な役割としてはミリ狩りや対ロボ、ホミサによる威嚇、ダメージ取りといったところ。


ギャロップ(ギャロ)
ワイヤーガン、ヘビーハンドショットガン(以下ヘビハンショ)ファイヤーグレネードランチャー(以下火グレ)を基本とした近距離パックシリーズ。
主な役割は闇討ちでの事故、ダメージ取り、火グレによる燃焼ダメージ。


シェリフガール(シェリフ)
私の歌を聴けーーー!!!
アンチジャンプガン、ファイヤーグレネードランチャー、ボーラランチャーなどの妨害行動に特化した中距離パックシリーズ。

という三種類のWPを持つセイラ。
ですが、WPにも時代が付き物。「どのシリーズが強い、弱い」ということではなく「どのパックが戦えるのか」という点にウェイトを置いて話をしていきたいと思います。


野良でもバーストでも
とりあえずこれ乗りたい
ランキング

第1位 突撃型ギャロップ

個人的にセイラド安定のWP。以下武装構成。
コスト2000  体力450
ダブル:ヘビーハンドショットガンLv5
サイド:バトルライフルLv3(以下バトライ)
タンデム:ファイヤーグレネードランチャーLv3
セイラの壁キックによる高機動を活かし、相手に近づきハンショでダメージを取るパック。


に、見えがちですが。
セイラ自身の重量耐性の低さとヘビハンショの重さにより構えるとかなり行動が制限されてしまう点、加えてヘビハンショが3発しか弾が無いため息切れしやすい点がこのパックの難点。
つまり、サイドとタンデムを上手く使って、枚数有利と燃焼ダメージによるプレッシャーをかけつつ、ここぞという時にダブルで致命傷を与える。
というパックになっています。
ヘビハンショは弾数は少ないですが優秀な威力とダウン値を誇っています。またQDで撃つと、射程が少し延びて射程外にいる敵にもヒットしてダウンを取れたりします。トレモで距離感と確実にダウンがとれる当たり方を掴みましょう
武装的にはロボ、特にジョナサンは見れそうに感じますが7:3でこちらが不利(ハンマーの火力には届かない+ダウンの取りやすさの問題)なので事故らないように気をつけましょう。
バトルライフルは空中で当てると相手を1発でダウンさせる武装。このWPにおける中距離の生命線です。弾数は8発ありますが積極的に使っていきたいです。また、バトルライフルは相手を灰ダウンにするまで合計で3発入ります。
このコンボダメージは意外と馬鹿にならないのでトレモにこもり、当て方を練習しましょう。
火グレに関しては戦っていくうちにわかってくると思いますが、

相手の着地に刺す。
相手が着地しそうな場所に置く。

この2点が大きな使い方でしょう。
始めのうちは通常のグレとは全くの別物なので戸惑うと思いますが使っていくと慣れてきます。慣れというのは本当に大事です。つまりトレモ。
うっかり味方に引っかけると燃焼ダメージで大惨事になるので気をつけましょう。
ちなみにこのパックは
1落ち推奨です。
2落ち前衛出来ないことはないですが、通常ブーストの回数の少なさ、弾数の少なさと相まってかなりストレス+タゲを引けないといった事態に陥りやすいです。見かけたら前衛適性の高いキャラの方々は前衛して頂けるとありがたいです。
また、セイラ全般に言えることですが割と盾に対して無力です。なす術なくボコボコにされることは日常茶飯事です。軽量指向盾なら凸ギャロならダブルで割れないこともないですが、ゲロいことには変わりありません。辛そうだな、と思ったら助けてあげてください。

さて、第2位の説明にいきたいところですがかなり長くなってしまったので、今回はここで切り上げたいと思います。次回は「駆逐型ギャロップ」についての説明になると思います。
それではまたどこかで。|・x・)ノシ
更新日時:2017/02/13 13:36
(作成日時:2017/02/13 13:32)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア